nipponishikai

「このクリスマスや年末年始が、今後の日本を左右するといっても過言ではありません」
準強制わいせつ罪に問われた乳腺外科医の控訴審で、7月13日、東京高裁は医師に対して逆転有罪(懲役2年)の判決を出した。判決について被害者側弁護士が解説する。
延期された東京五輪について、「有効なワクチンが開発されなければ開催は難しい」とも述べました。
日本医師会の横倉義武会長も「今回の販売は大きな問題があると強く認識している。同様の事例が起きないよう、厚労省ともしっかり協議して対応しなくてはいけない」と語った。
「緊急事態宣言を出していただき、それに基づいて対応する時期ではないか」と提案。
世界医師会は、医師の独立性を確保して、崇高な倫理的基準に則った行動と医療を、いかなる場合にも実行できるようにするために創設された。
センターは予算獲得のために余分な負担を現場にかけていないでしょうか?
「よきサマリア人の法の整備が先ではないか」との意見が出ています。
TPPにより日本の国民皆保険制度が終焉の危機です。「崩壊」の危機ではなく「終焉」の危機であることに注意してください。
現在、医師不足が深刻とされ、医学部の定員増、及び新設が検討されている。しかし、一昔前の80〜90年代には、将来的に医師は余るという見通しが常識とされていた。一体なぜ、真逆の未来を想定してしまったのだろうか。