nipponjingijutsusha

警察庁のまとめによると、2013年の日本国内の交通事故死亡者数は4,373人。その数は13年連続で減少しており、1年間の死亡者数が1万人を超え、「交通戦争」と揶揄された高度成長期(ピークは1970年の16,765人)と比べると、1/3以下の数字となっている。
Presented by VISION2020