nipponrodokumiaisorengokai

労働組合ってどんな役割なの?なぜ必要なの?ーー"働く"視点を社会に発信しています。
ほとんど焦点が当てられてこなかった障がい児・者を支える支援者の実態、家族支援者を支えるための施策を探った。
それぞれの職場で「働き方改革」をどう進めるかが課題になっているが、その「起爆剤」として注目を集めるのが「イクボス」だ。
連合は「実行計画」をどう評価し、どう進めていくのか。連合逢見事務局長が解説する。
「長時間労働」や「過労死」「パワハラ」など深刻な問題が連日報道されている。その原因の1つとしてあるのは、働く側も使用者側も、ワークルールの知識が乏しいことだ。
家計の可処分所得を増やすことが、「働くことを軸とする安心社会の実現」につながっていく。
2017春季生活闘争が幕を開けた。「賃上げ」「格差是正」の新しい流れを確かなものとしていく、正念場の闘いだ。労使交渉のポイントは何か。須田孝連合総合労働局長に聞いた。
クリスマスイブに、甥が訪ねてきて、「クリスマスおめでとう、伯父さん」と言うと、人間嫌いの主人公は「何がクリスマスおめでとうだ」とつっけんどんに答えます。
働きすぎで命を落とす人は年間200人を数える。労働組合にはどんな取り組みが求められているのか。「長時間労働の実態」と労働組合の役割を探った。
小池都知事は、山本七平氏の『「空気」の研究』を持ち出し、「そのような空気が支配していた」との観測を述べました。