nishimurakanminoru

3回目となる緊急事態宣言をめぐり、西村康稔・経済再生担当相はこれまでの宣言の発令と「考え方や背景が異なる」と説明した。
前回の緊急事態宣言時と同様にテレワークや在宅勤務を推進し、出勤者の「7割削減」を目指す方針だ。
1000人を超えるのは初めてで、過去最多となる。
小泉進次郎・環境相など全閣僚21人中8人はTwitterアカウントが確認できなかった。
給付金の支給遅れ、進まないオンライン授業への反省から、政府のデジタル化を進めることや、家庭環境の変化を受けた男性の育休義務化、などの提案も中間報告には含まれている。
お盆の移動制限を巡り、西村康稔経済再生担当大臣が記者会見で「分科会で検討する」と発言。ネット上では「GoToキャンペーンと矛盾している」「観光と帰省はリスクの大きさが違う」などと様々な意見が上がる。専門家はどう見ているのか?
「感染防止策と経済、社会活動を両立する段階」と説明し、キャンペーンを予定通り始める意向を明らかにしている。
西村康稔経済再生担当相は「日本の知、技術を結集して次の感染の波に備えたい」と強調した。
新型コロナウイルス対応を担当する西村康稔経済再生相が、緊急事態宣言が39県で解除された後、「あちこちで気の緩みが見られる」などと発言したことを巡り、ネットで批判が相次いでいる。
新型コロナウイルス対応を担当する西村康稔経済再生相が、PCR検査を受けたとTwitterに投稿。症状が出てもすぐに検査を受けられない人が多い中、「特別扱いはおかしい」と批判が噴き出している。