nissei

むし歯有病率は、地域差が大きいことが知られている。
そろそろ異次元の金融緩和全体について、改めての総括が必要なのではなかろうか。
ふるさと納税制度を健全に発展させていくためにも、そろそろ「いたちごっこ」をやめて、制度全体を見直すべき時期が来ているのではないだろうか。
祝日数が増えているにもかかわらず、総労働時間があまり減っていない事実は重く受け止めるべきだ。
”キッズウィーク”を名称通り「チルドレン・ファースト」の教育施策という視点から考えることを、ゆめゆめ忘れてはならない。
どのように「死」を迎えるのかは、高齢期をどう生きるのかと表裏一体となり、長寿時代の人生の幸せな「逝き方」を考えることにつながる。
成熟した「観光立国」の実現には、22世紀を見定めた国内のハード・ソフト両面のインフラ整備を着実に進めるための長期的なロードマップが求められる。
効果的な政策選択に有用な「証拠に基づく政策立案」。可能性を感じさせるが、その限界を理解する必要がある。
先人達に比べれば、私たちは倍の人生を楽しめて、また多くのことを成し遂げられる期待を有している。
朝の出勤時等にどの程度の時間、エレベーターを待たなければいけないのか、は結構重要なことである。
数学者が大成するためには、これまでに誰も考えたことのないような発想で困難な問題を解決していくことが求められる。
離脱派の公約を信じて離脱に票を投じた市民は、今後、離脱が「いいとこどり」ではない現実を痛感するだろう。
一流アスリートの祭典が、大勢の市民や関係者の支援と参加を得て、いかに多様な『参加することに意義がある』を実現することができるのか。
居間のような部屋では、女性と男性がテーブルを前にお茶を飲みながら、おしゃべりしているようだった。
最近、国内では花粉やインフルエンザなど保健・衛生上の用途とは別に、「顔を隠す」ためにマスクをする人が増えているという。
現在では高齢者のなかでも60代後半では男性の2人に1人、女性の3人に1人が、70代前半では男性の3人に1人、女性の5人に1人が、働き続けている現実がある。