nissei

いくつかの事象が折り重なった複雑な事象の発生確率を考える際に、各事象は独立かどうかという点だ。
今問われようとしているのは、民主的な選挙や投票によれば我々は正しい選択ができるという民主主義の理念そのものではないだろうか。
自動運転のコストは、誰が支払うのだろうか?自動運転はクルマというモノではなく、移送サービスとして人々に提供される。
厚生労働省の簡易生命表では現在の58歳男性の余命は25年。これによれば私は83歳まで生きられるらしい。
完全自動運転が普及した社会は、特に目的なくドライブするのと同じ気楽さで、観光を楽しむことができそうだ。
日常的に人が経験していると言われる「S字曲線」をどう活用したらいいだろうか。
長時間労働の是正によって余裕時間が生まれれば、投資を新たに始める動きも出てくるのではないだろうか。
誰もが完全自動運転のクルマでショッピングセンターに来るようになれば、駐車場はいらない。
なぜ、2013年度から2015年度までの3年間の実質GDP成長率が年平均で0.5%も上方改定されたのだろうか。
ロボ・アドバイザーは、今まで年金運用やラップ口座などで蓄積した技術やノウハウをシステム化したサービスと筆者は考えています。
混むことイコール不快、と捉えがちだが、そうとばかりも言えない。
アジア各国の国際競争力では、シンガポール(2位)、日本(8位)、香港(9位)が、世界の上位10位以内に入っています。
職域年金制度の仕組みから外れた世代の存在がISAに与えた影響は無視できないのではないだろうか。
節分は本来、立春・立夏・立春・立冬それぞれの前日だったのだが、現在は立春だけが生き残っていて...
個人にとっても、リタイアした後の活躍の場が拡がるかどうかについては、セカンドライフの設計に大きな影響を及ぼすことである。
1990年代半ばには共働き世帯が専業主婦世帯を上回り、現在では共働き世帯が6割以上を占めている。
法律上は、歩道及び路側帯上の歩く位置についての規定は存在しない。しかし、一般的な交通マナーはあるわけで...
近年、若い世代ほど結婚式費用を全くかけずに入籍する結婚が多く選択されるようになってきているが...