nisshoku

今回の日食では、大体8時40分頃から欠け始め、北のエリアほど太陽は大きく欠けます。
日食を裸眼で直視すると、太陽の強い光線が目に入り、網膜に傷がつく恐れがある。
米国時間8月19日〜20日、皆既日食を観るためにオレゴンまでドライブして来たので、時系列で書いて配信することにしました。
アメリカ本土で皆既日食が観測されるのは38年ぶりで、西海岸から東海岸まで北米大陸を横断する形で観察されるのは99年ぶり。
9日(水)は皆既日食。日本では部分日食が楽しめます。
日食を、国際宇宙ステーション(ISS)が横切りました。写真家のThierry Legaultさんが、その夢のような一瞬を捉えました。
3月20日、大西洋から北極海にかけて皆既日食が起きた。ヨーロッパから北アフリカでは部分日食が見られた。