nisu

オランドが失速した理由、それはさまざまな公約を果たせなかったことだ。
「私たちがビーチにいるのが気に入らないようでした」
「マリアンヌはベールで覆われてはいません。マリアンヌは自由だからです。それが共和国の精神です!」
「これは自由、平等、友愛とかけ離れている」
「右派も左派も、イスラム教問題を選挙の主要な争点にしている」
イスラム過激派のテロを経験したことのない日本だからこそ、客観的な視点での報道をしてほしい。
遂に世界が、"メルトダウン"を起こし始めた―そう認識せざるを得ない事件が、今週も相次ぎました。
イタリアをはじめ、いくつかのヨーロッパ諸国では、血を流す遺体や犠牲者を捉えた生々しい映像が、ニュースの材料として優先されるようになった。
フランス南部ニースで7月14日に発生したテロ事件で、フランス検察当局は15日、少なくとも死者が84人死亡、202人が負傷、うち52人が重体と発表した。