nkoko

担任教師「時間を見つけて、コツコツと勉強を進めてくれているのも見ていた」
「ネットを通じてひとりで勉強した方が、むしろ捗る」「自分のライフスタイルに合った学校生活が送れる」――学生の声を聞くと、従来の高校が抱える課題や、ひとりひとりの生徒が何を求めているのかを見極めようとする、N高の姿勢が見えてきた。
「覚えていてほしいのは、人間は集団で暮らす社会的動物だということです。1人では生きられません。だからこそ人類は文明を築いてきました」
カドカワ相談役で同学園理事の角川歴彦氏(73)はあいさつの中で、「けものフレンズ知ってる?」「幼女戦記はどうだい?」とアニメ作品について質問。緊張した新入生を和ませた。
学校法人角川ドワンゴ学園が運営するインターネットを通じた通信制高校「N高等学校(N高)」が4月5日に入学式を開いた。今年度(第二期生)は2002人が入学した。