noberusho

スウェーデン王立科学アカデミーは8日、2013年のノーベル物理学賞をイギリス・エディンバラ大学名誉教授のピーター・ヒッグス氏(84)とベルギー・ブリュッセル自由大学名誉教授のフランソワ・アングレール氏(80)に贈ると発表した。ヒッグス氏はすべての物質に質量を与えたとされる「ヒッグス粒子」を予想し、アングレール氏が...
英国のブックメーカー(賭け屋)のラドブロークスによると、文学賞受賞者として最も人気が高いのが、村上春樹氏だ。賭け率は3倍。2番人気は、米国の作家ジョイス・キャロル・オーツ氏で、6倍である。今までなぜ、受賞できていないのか。
ことしのノーベル医学・生理学賞に、細胞内でタンパク質などの物質を運ぶための「膜輸送」と呼ばれるメカニズムを世界で初めて発見したアメリカなどの3人の研究者が選ばれました
今年のノーベル賞の発表がいよいよ、10月7日から始まる。初日は医学生理学賞の受賞者が発表されるが、昨年は、皮膚細胞から様々な細胞に変化できるiPS細胞(人口多能性幹細胞)の開発に成功した京都大学教授の山中伸弥氏がこの賞を受賞したことも記憶に新しい。これまで医学生理学賞を受賞した日本人は、昨年受賞した山中氏と、1987年に受賞した利根川進氏の2人だけだ。
アメリカに本拠を置く学術情報サービス会社、トムソン・ロイターは9月25日、10月に発表されるノーベル賞の自然科学3賞と経済学賞の新たな有力候補となる28人を発表。日本人では、大隅良典東京工業大特任教授ら3人の名前が挙がった…
ベトナム人の禅僧であるティク・ナット・ハン氏は、平和や慈悲、理解に向けた活動により、世界の多くの人々から尊敬を集める人物だ(1926年ベトナム生まれの87歳。ベトナム戦争中の平和への取り組みに対して、1967年にM.L.キング牧師によりノーベル平和賞候補に推挙された)。
旧日本軍の慰安婦などをめぐる橋下徹大阪市長の発言に対し、世界の有力者からも非難の声があがっている…