noberusho

リチウムイオン電池の開発をめぐって三つの関門があり、その中で一番きつかったと振り返りました。
衆院予算委員会の集中審議で、国民民主党の玉木雄一郎代表の質問に対して、コメントを避けました。
キャリアパスや経済的な不安から有能な若手人材が研究者への道を諦める傾向が深刻化。
本会では3月末までヒヤリングを進め、4月にとりまとめ、6月に政府の骨太方針への意見反映を目指しています。
ノーベル賞を受賞されたお祝いを申し上げに、本庶佑先生を京都大学の研究室にお訪ねしました。
まさかこのようなインチキ医療が普通に行われているとは......。
全員が着席するや否や、なんと本庶先生から矢継ぎ早に生徒たちへ質問が!
日本の公的研究費の総額も削減され、基礎研究をめぐる環境悪化は今や限界に達しています。
受賞者として、ナディア・ムラド氏とデニ・ムクウェゲ氏の名前をあげていました。