コンプレックスと私の距離

現在33歳のジョナスさんは美容施術について、「特に隠さなくちゃいけないことだとは思わない。隠さず、オープンで正直に話し、自信を持っていいことだ」と話しました。
シック・ジャパンの担当者は「従来の自分たちの発信を振り返り、今では『体毛は一律に剃るべき』という考えが時代にそぐわないものになっていると感じています」と話している。
それに対し、アプリを利用する10代前後の女性やその保護者は何ができるでしょうか。
『きっと書くのが楽しくなる』。自分の字が嫌いだった漫画家は、箱に刻まれていたその言葉をきっかけに、万年筆の“沼”へ近寄っていった。
自分が本当にやりたいことをみつけるためにバービーさんがしている「生きがいの因数分解」って何?
画面上で指を滑らせれば、“雲の上”と思えてしまうものが次々と押し寄せる。広大なネットの海は、人をある意味で不自由にしているのかもしれない。
コンプレックスを煽る広告に「NO」を突きつけたヤフーの判断に、「業界に広がってほしい」などと賞賛の声が相次いでいます。
「周りの声を遮断してしまう、そんな自分が嫌だった」と語る有村藍里さん。見た目で悩む人へ、それでも伝えたいことがある。
社会課題などについても自身の意見を積極的に発信する秋元才加さん。苦しみも喜びも味わったAKB48卒業から7年、今考えていること。
結婚していなくても、恋人がいなくても、1人で旅行も映画も食事も、フェス行ったり、なんでもできてしまうし、十分、人生楽しいですから。