コンプレックスと私の距離

シミ、お腹のたるみ、毛深い身体...。「ありのままの身体を好きになろう」という考え方に憧れつつ、「そうは言っても」とどこか斜に構えてしまう。どうしたら自分の身体を本当に好きになれるのだろう?
好評連載 第9回 LiLiCoの「もっとホンネで話そう。私たちのこと」
出会いや思い入れがどんなものであれ、人は皆、それぞれにオリジナルな関係で言語と共に生きている。もう「自分の英語なんて」と吐き捨てることはやめよう。
「美しさにはもっとたくさんの種類があることを、世の中に伝えられたら、もっと平和になるんじゃないかな」
「これは私の話だ!」柴崎さんの著書『待ち遠しい』を読んだ時、共感のあまり叫んでしまった。
坂村かおるさんが「美魔女コンテスト」にこっそり応募した理由
Netflixで配信中の映画『アースクエイクバード』で海外作品初出演を果たした三代目J SOUL BROTHERSのリーダー。一瞬耳を疑いたくなるような表現で語った言葉の“真意”とは。
好評連載 第4回 LiLiCoの「もっとホンネで話そう。私たちのこと」
寄せられた回答を一つひとつ読みながらひしひしと感じたのは、今の社会でたくさんの人が抱えている「生きづらさ」。
「かわいいか、かわいくないかという基準のないコンプレックスゲームに参戦してしまうと、本当にずっと地獄です」。ミスiD実行委員長を務めている小林司さんは指摘します。