nsa

たとえそこに「命の危険」があったとしても、異議申し立てのハードルは極めて高い。
トランプ大統領をめぐる記事の撤回は、さらに続く。
米国家安全保障局の盗聴を告発したエドワード・スノーデンを描いた映画、『スノーデン』が現在公開中だ。公開直前に来日した監督に話を聞いた。
「スパイをみすみす手放す国なんてない」
スノーデン事件とはなんだったのか復習ポイントをおさらいします。
今月初め、フランス内務省が、テロ対策の一環として「Tor」や公衆Wi-Fi(無線LAN)の使用禁止を検討している、と報じられる騒ぎがあった。
パリで起きた同時多発テロは、法制化推進派には追い風と映ったようだ。そして、その標的となったのが、スノーデンさんだった。
Twitterにアカウントを開設することのメリットとは?
ドイツの対外諜報機関・連邦情報局(BND)をめぐる、超弩級のスキャンダルが暴露された。今後の展開によっては、メルケル政権の存立を揺るがしかねない、「破壊力」を秘めている。
4月6日早朝にニューヨーク市ブルックリンのフォートグリーンパークにアメリカ国家安全保障局(NSA)の元職員のエドワード・スノーデン氏の巨大な胸像が設置された。