nsa

アメリカ合衆国が毎日世界中の携帯電話のデータ50億件を収拾していると12月4日、「ワシントン・ポスト」が伝えた。アメリカ中央情報局(CIA)の元職員エドワード・スノーデン氏からワシントン・ポストに提供された内部文書で明らかになった。
この問いを、もし「誰が決めているのか」という問いに変えた場合、その答えは、「独立した民主主義国家であるならば、メディアが決めている」になるだろう。国家・政府側が好むと好まずにかかわらず、である。
今年6月から、元米CIA職員エドワード・スノーデンのリーク情報を元にした、米英の情報機関(米国家安全保障局=NSA,英政府通信本部=GCHQ)による大規模な監視・盗聴活動が暴露報道されてきた。当初は英ガーディアン紙、米ワシントン・ポスト紙が主導し、その後世界各国のメディアが次々と報道を続けている。
米国の諜報機関によるインターネット盗聴問題は、クラウドコンピューティングの持つリスクをあらためて顕在化することになった。盗聴スキャンダルのきっかけとなったエドワード・スノーデン元CIA職員からの情報もとに、米ワシントンポスト紙が、NSA(米国家安全保障局)によるグーグルやヤフーのメール盗聴手法の一部を明らかにしたからである。
ハフィントンポスト各国版11月2日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。アメリカ・ロサンゼルス国際空港で銃乱射事件が発生、保安検査を担当する運輸保安庁の職員1人が死亡しました。犯人も撃たれて重体です。フランスのブルターニュ地方では環境税導入に反対するデモが暴徒化、混乱が拡大しています。
国家安全保障局は、YahooおよびGoogleのデータセンターに繋がる世界中の主要通信回線に秘かに侵入していることが、元NSA契約社員エドワード・スノーデンから入手した文書および事情に詳しい高官へのインタビューでわかった。
ハフィントンポスト各国版10月29日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。先週に引き続き、アメリカ国家安全保障局(NSA)が世界35カ国のリーダーたちの通話を盗聴していたことへの批判が続いています。しかし、今週は、長年NSAの諜報活動を擁護してきたアメリカ上院情報委員長のダイアン・ファインスタイン氏が、同盟国を対象として諜報活動を行うことに強い意義を唱えたため、NSAは動揺を隠しきれない様子です。
ハフィントンポスト各国版10月27日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ドイツ版とスペイン版では、大きな波紋が広がるドイツ・メルケル首相の電話盗聴疑惑の続報を伝えています。オバマ大統領はメルケル首相に「私は知らなかった。知っていたら止めさせていた」と釈明、謝罪しましたが、メルケル首相の怒りは収まっていません。そして、アメリカ中央情報局(CIA)と国家安全保障局(NSA)が、世界中に80ヶ所のスパイ用施設を保有していたことも発覚しました。
児童ポルノや恐喝などの行為を含む電子メールやLINEなどのネットのやりとりが、通信傍受の対象になるかもしれない。国が行っても良いとされる通信傍受の拡大が、法務省で議論されているのだ。
ハフィントンポスト各国版10月25日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。アメリカ国家安全保障局(NSA)が世界35カ国のリーダー35人の通話を傍受していたことが明らかになった件について、ヨーロッパ諸国をはじめとする世界各国から批難が集中しています。ハフィントンポストの各国版でもフランス、ドイツ、イギリス、スペイン、イタリア、アメリカの6カ国がトップ記事として扱っています。