nyujiin

養育里親になって17年になる女性に、乳児院、児童養護施設から迎え入れた3人の子どもたちの子育てついて話を聞いた。
PRESENTED BY 厚生労働省
5月27日、虐待や望まない妊娠などの理由で生みの親と暮らせない子どもたちに「家庭と同様の環境で養育されるように国と自治体が対応する」と定めた改正児童福祉法が成立した。
子供の貧困など、彼らを取巻く環境が社会問題化して久しい、そして現状の問題は氷山の一角だろう、そんな事例をいくつか紹介する。
いずれの国も1970年代から様々な社会運動により「子どもの利益が最優先」の価値観が定着しています。
「とにかく、小さい時に里親さんの元に行けるのが一番」という考えの元、一人でも多くの子どもたちに家庭を与えようと必死で努力をしている様子が伺えました。
日本でも「特別養子縁組」を進めよう!ということで、日本財団が中心となって本日はシンポジウムが行われました。
私が熱心に取り上げております児童養護は、勿論今回のメインテーマの一つ。今回の質問の急所は、「東京都も、新生児の里親委託を始めるべきだ!」というもの。