nyuron

過去50年以上にわたる研究にもかかわらず、ニューロンでの遺伝子組換えは実証されていなかった。
海馬での神経発生率は、出生後数年の幼児期のうちに急速に低下することが分かった。
「我々は、2018年末までには治験を始めたいと考えています」
一般的に脳がどのようにして一過的な入力を持続的な活動に積算するかを、神経科学的に理解する助けとなるだろう。
ニューロン可塑性の機序について、安田涼平の研究室から、2つの報告が寄せられている。
ため息は呼吸および呼吸生理の不可欠な要素であるが、この行動を制御するニューロン回路に関してはほとんど知られていない。
コウモリのアクロバット飛行を可能にしているのは、ドーナツ形の座標系に基づく意外な脳の位置情報符号化機構だった。
セックス、ダークチョコレート、有酸素運動はどれも効果的だ、と神経科学者はいう。
異性の存在が性ホルモンの分泌をすぐ変化させる脳内の仕組みを、早稲田大学教育・総合科学学術院の筒井和義教授と戸張靖子研究員らがウズラの実験で突き止めた。一目ぼれを分子レベルで解明する発見として世界的に注目されている。7月16日付の米神経科学会誌Journal of Neuroscienceのオンライン版に発表した。