nyuyoku-yankisu

フロリダ在住のメリッサ・ドームさんは2012年始め頃、元交際相手から残虐な暴行を受けた。彼女を救ったのは、一人の救急救命士だった。
ヤンキースの田中将大が現地27日、今季最終登板にのぞみ、プロデビュー戦以来となる炎上で降板した。マー君は、わずか1回3分の2を投げて、7安打7失点(自責点5)。ヤンキースはレッドソックスに4-10で敗れた。
ヤンキース不在の10月となることが確定しました。現地24日のオリオールズ戦に5対9で敗退し、数学的にプレーオフ進出の可能性が消え去ったのです。
田中将大、イチロー、黒田博樹ら日本人選手を擁するアメリカ・大リーグのニューヨーク・ヤンキース。本拠地、ヤンキースタジアム内のショップに新商品のTシャツには、日本語が書かれているのだが……。
右肘靭帯の部分断裂でリハビリ中のヤンキースの田中将大投手が9日(日本時間10日)の投球練習再開後で最長となる120フィート(約36メートル)のキャッチボールを予定していることが分かった。田中の順調な回復ぶりをニュージャージー州最大のニュースサイト「nj.com」が報じている。
現地23日、テキサス・レンジャーズのダルビッシュ有がニューヨーク・ヤンキース戦に先発した。敵地ヤンキースタジアムでの4連戦。前夜は延長14回でヤンキースがサヨナラ勝ちし、1勝1敗で迎えた第3戦だったが、前夜の半分もプレーしないうちに試合は終了。珍しい『不手際』のせいだった。
ペナントレースも後半戦に入り、今季限りで引退するヤンキースのデレック・ジーターのフェアウェル・フィーバーが俄然熱を帯びてきました。メジャーではすっかりお馴染みになったシーズンを通じた「引退興行」。彼に続くのは誰でしょうか?18日(以下現地時間)、ヤンキースは9月7日(日)のロイヤルズ戦の試合前にジーターの引退セレモニーを行い、全入場者に記念コインを配布すると発表しました。すると、直後からチケット再販サイトでこの試合の価格が急騰。
現地15日に行われた、メジャーリーグの第85回オールスターゲーム。日本人選手ではダルビッシュ有(レンジャーズ)、上原浩治(レッドソックス)が出場し、共に好投でファンを湧かせた。この日の主役は何といっても、今季限りで引退する球界のレジェンド、デレク・ジーター(ヤンキース)。今回が自身14度目のオールスターとなった"ニューヨークの貴公子"は、ア・リーグの1番ショートで先発出場。代名詞ともいえる華麗な長し打ちで2安打を放った。
右肘を痛めて故障者リスト(DL)入りしていたヤンキースの田中将大は靭帯を一部損傷していたことの波紋が広がっている。球団発表によると6週間のリハビリが必要とのことだが、快方に向かわない場合は腱移植手術(通称トミー・ジョン手術)を受ける可能性もあるようだ。その場合、復帰は2016年になるかもしれない。手術を受ける、受けないに関わらず、既に故障の原因に関する議論が熱を帯びている。その議論は「スプリッターの投げすぎ」や「日本では一般的ではない中4日登板による疲労蓄積」だった。
原爆ドーム、平和記念公園周辺を歩いたあと、広島の街を散策。おもがけない光景を目にした。
ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは田中将大投手が右肘靭帯の部分断裂で戦線離脱となったことを受け、7月末までのトレード期限で緊急補強に乗り出す方針を打ち出した。
「疲労が出ているのでは?」現地8日、インディアンス戦に先発し、6回2/3を投げて自己ワーストとなる10安打5失点で、4敗目を喫した田中将大。6回2/3を投げて自己ワーストとなる10安打5失点で4敗目を喫した。そのため、ここ最近何度か上がっているこの質問がまたしてもメディアから投げかけられた。6月17日のブルージェイズ戦までは11勝1敗、防御率1.99だった田中は、それ以降の4戦で見ると、1勝3敗の防御率4.25。
ヤンキース田中将大の止まらない快進撃にファンがさらなる偉業を予想した。米スポーツ放送局ESPN の野球番組Baseball Tonight が、番組のフェイスブックで「次にノーヒットノーランを達成するのは誰か?」と一般に問いかけたところ、田中が1位となり、現地の野球ファンにとって最も偉業達成に近い投手と期待されていることがわかった。なお、5位にはダルビッシュ有が選出されている。
現地22日、同地区ライバルのオリオールズとのシリーズ最終戦は、ヤンキースが0対8で惨敗。7回6安打3失点の田中は2敗目を喫した。先発の田中は、序盤から3回までは60球を要しながらも、粘って7回106球とまとめた。メジャーでただ一人となる開幕からのクオリティ・スタート(6回以上を投げて、自責点3以内)連続記録を15に伸ばし、1973年にスティーブ・ロジャースが達成した16試合連続QS達成まで、あと1つと迫った。
ヤンキースの田中将大投手が新人王ランキングで首位を独走している。ESPNが「ルーキーランキング タナカが圧倒的」という特集を組み、レッズやナショナルズでかつて強化責任者を務めたジム・ボウデン氏が、実力者の揃う今季のルーキーの格付けを行った。
17日(日本時間18日)のブルージェイズ戦で両リーグ最多の11勝目を挙げたヤンキースの田中将大投手の“隠れた大記録”について地元メディアが特集している。
現地17日、世界中がワールドカップに沸く中、ヤンキースの田中将大が地区首位で、超重量打線を誇るトロント・ブルージェイズと今季2度目の対戦に挑んだ。メディアに対して「(今は)絶対、みんなサッカーでしょ」と苦笑いしていた田中だが、チームにはイチローがスタメンに名を連ね、相手チームには川崎宗則がマイナーリーグから急きょコールアップされ、日本ファンにとって役者が揃った注目の1戦となった。
現地11日、テキサスでレンジャーズのダルビッシュ有が、メジャー初完封を飾った数時間後、シアトルではヤンキースの田中将大が、メジャー2度目の完投勝利を挙げた。岩隈久志との楽天の元エース対決が期待されたマリナーズとの第2戦。一昨日の雨で登板がスライドしたため、夢の対決はお預けとなってしまったが、田中は岩隈が見つめる中、9回を投げ切り、今季最多タイの11奪三振をマーク。味方打線の援護もあって、ヤンキースが4対2とマリナーズを下して、シリーズの勝ち越しを決めた。
「田中将大の真価が問われる」もう何度このフレーズが聞かれたか分からない。現地メディアは田中をセンセーショナルに評価しながらも、試練と見るや否や、値踏みするようにこのフレーズを繰り返す。現地6日、ヤンキースタジアムのマウンドに田中が上り、紹介レポートには「STOPPER(ストッパー)」とのコピーが躍った。すると現地の実況は、「これまでに田中は何度もチームの連敗を止めてきた。だが、今日こそ“その真価が問われる”試合になる」と繰り返した。
「いいところは特になかったんじゃないでしょうか…」 「僕はエースなんかじゃないです。早すぎます」現地5月31日、本拠地でツインズ戦に先発したヤンキースの田中将大は、この日の試合を振り返ると、憂いを含ませながら語った。結果はヤンキースが3-1で勝った。田中は8回4安打1失点(自責点0)の力投で8勝目を挙げている。序盤、エラーやミスが続き、得点チャンスも生かせないという嫌な流れだったが、「粘り強く、要所でいい球が投げられた」という田中の踏ん張りで勝利を呼び込んだ。