obama-tpp

アメリカ人の経済学者が日本経済の復活のために日本が何をしなければならないかを書いています。
上院に戻されたTPA法案は、再び投票にかけられた時に、非常に複雑な動きが出てくるだろう。
米下院は18日、環太平洋連携協定(TPP)の合意のカギを握る貿易促進権限(TPA、通称ファストトラック)法案について、失業者対策の部分を除いた上で再採決を行い、賛成218、反対208で可決した。
オバマ米大統領は3日、環太平洋連携協定(TPP)交渉妥結に向けた協力を得るため、TPPに消極的な民主党下院議員の説得に力を入れ始めた。
上院での議論で、TPPが長く白熱することが明らかになった。これからは、はるかに激しい消耗戦が待ち受けている。
アメリカ上院は21日、オバマ大統領が抱える貿易上の課題である法案の審議を終え、評決で環太平洋経済連携協定(TPP)締結の前提となるファスト・トラック法案(TPA)を可決した。
[東京 26日 ロイター] - 環太平洋連携協定(TPP)をめぐり、日米間では大筋合意に至らなかったが、実際の交渉では日米間の歩み寄りはかなり進んだとの観測も出ている。 甘利明TPP担当相は26日の民放番組で交渉は8合目まで進んだのと見解を表明した。