バラク・オバマ

アメリカでは、デジタル化社会に育った10代から30代前半の若者を「ミレニアル世代」と呼ぶ。アメリカ国内で8000万人いるとされ、社会の多様性や民主主義について進歩的な意見を持つという。しかし、選挙において彼らの投票率は決して高くはない。そんな若者に政治参加を訴え、ムーブメントを起こしているデービッド・バースティーンさんが9月に来日した。
下院の賛成が得られず暫定予算が成立しなかったため、一部の政府機関が閉鎖に追い込まれたアメリカ。オバマ大統領は「政府を人質にとっている」と下院を非難。閉鎖に追い込まれた政府機関の一部再開を目指す法案が下院から提出された場合も「この種のゲーム遊びのようなことは受け入れない」と拒否権を発動する考えを見せた。なお、既に下院は幾つかの法案を提出したがホワイトハウスはこれを一蹴した。
アメリカのオバマ大統領は9月30日、オバマケア(アメリカの医療保険制度改革)を予算に組み入れるかどうかで、上院と下院の議会で紛糾している問題で、10月1日に迫り来る政府機関閉鎖について声明を発表した。
アメリカ上院は、オバマケアの1年延期と医療機器税の撤廃を盛り込んだ下院の暫定予算案を否決した。
アメリカのビル・クリントン元大統領は、10月1日に政府機関閉鎖の懸念が高まっていることに関し、アメリカABCテレビの番組「ディス・ウィーク」でインタビューに答えた。クリントン元大統領はオバマケア(アメリカの医療保険制度改革)の撤回に執着する共和党の要求を批判した。
アメリカのオバマ大統領は9月27日、ホワイトハウスで演説を行い、外交政策と、議会で継続中の予算をめぐる攻防について言及した。
アメリカのオバマ大統領は9月15日、声明を発表し、アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長の有力候補としていたサマーズ元財務長官の起用を断念する方針を示した。同氏が議長候補となることを固辞する考えを表明したことを受けた措置としている。
2011年3月、多くのシリア市民がアサド政権に反対する抗議運動を始めた。2年以上経った現在、内戦状態になったシリアでは、10万人以上が死亡し、200万人以上が難民になっている。
米議会でシリアへの軍事介入をめぐる賛否が割れる中、オバマ政権は議会で承認を得るため全力を挙げている…
2013年2月に行われた日米首脳会談が不調だったことから、日本側は再度首脳会談を実現できるよう、米国側に何度も依頼し、そのたびに米国から断られていた…