oecd

OECDは「健康状態」に関する4つの指標を明らかにした。日本が唯一、世界有数の悪い結果を出したのが...。
グローバル化への反発が世界的に広がる中、最近グローバル化を「修正」しようという声がOECDを含め多方面から出ている。
日本中のさまざまな業界で、そこまでのニーズがあるのかどうかわからない、奇妙なサービス競争が行われています。
ナイジェリアのビジネスエリートたちの立ち振る舞いは、日本の並のサラリーマンでは、彼らの能力の高さに太刀打ちできないだろう、というのが率直な感想であった。
スウェーデンで、6時間労働が全国的に実施される計画は今のところないという。
日本はなぜ、これほど生産性の低い国になってしまったのでしょうか?
報告書は、福島原発事故後これまでにNEAが指摘した改善項目に対し、加盟各国の取り組みが進んでいることを認めている。
21世紀のグローバル経済では社会保障制度はまかなえないというのは本当なのだろうか?
日本が今から軽減税率を導入したら、世界中の笑われ者になってしまいます。
先進国の一員として日本はどれくらい国際社会に貢献しているのだろうか?それを知るための指標の一つ、「OECDの開発援助費のデータ」から、2014年に日本がどれくらい国際社会に貢献したかを知ることができる。