oiigenpatsu

関西電力大飯原子力発電所の『基準地震動』は過小評価だったか?
関西電力高浜原子力発電所3、4号機について、福井地裁の樋口英明裁判長は再稼働を差し止める仮処分決定を出した。仮処分の取り消しなどがない限り、再稼働はできない。
企業にも"遺伝子"がある。合理的に説明がつかない経営判断でも、その企業の歴史に照らし合わせれば納得できることが往々にしてある。例えば、関西電力。
九州電力の川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)について、周辺住民らが5月30日、運転差し止めを求める仮処分を鹿児島地裁に申請した。
どんな状況であっても食べずには生きられない。単に食べるだけではない。世界中で絶賛される程の日本食が自分の食文化であること自体、日本人としての誇りに値する。
「運転によって人格権が侵害される具体的な危険がある」と、大飯原発の再稼働を差し止める判決を出した福井地裁の樋口裁判長に、心からのキスを贈ります。
福井県おおい町の関西電力大飯原発3・4号機の周辺住民が、関西電力を相手取り運転差し止めを求めていた訴訟で、福井地裁(樋口英明裁判長)は、運転差し止めを命じる判決を言い渡した。
NHKなどの国内各メディアによると、福井地方裁判所は21日、関西電力<9503.T>大飯原発3・4号機(福井県おおい町)の再稼働を認めないとする判決を下した。同原発をめぐっては、住民らが関電に対し、再稼働の差し止めを求める訴訟を起こしていた。
福井県おおい町の関西電力の大飯原発3、4号機をめぐり、近畿や福井などの住民253人が再稼働の差し止めを求めた仮処分で、大阪高裁(林圭介裁判長)は5月9日、申し立てを却下する決定を下した。2013年4月に大阪地裁で却下された住民側が即時抗告をしていた。
大飯原発が停止し、日本は1年2ヶ月ぶりに「原発ゼロ」となる。反面、火力発電所の事故リスクが高まっている。