okinawakenmintohyo

玉城知事は会見でこう述べた。「菅官房長官は名護市長選後に選挙結果が全てだと言いました。私の選挙も、県民投票も選挙の結果が全てです」
投票率は52.48%。民意と言える「目安」とされてきた50%を超えた
2月24日の県民投票で民意が示したのは、圧倒的と言っていい「反対」だった。
新基地移設に伴う辺野古の埋め立ての是非を問う県民投票が投開票され、「反対」が多数を占めた。
せやろがいおじさんが沖縄県民投票について動画を投稿。投票を呼びかけました。
辺野古埋め立ての是非をめぐる沖縄県民投票に、「注目点はない。やる意味がない」という声がある。本当に意味がないのか?