ondanka

「しかし今後、より一層真剣に取り組めば、地球を救うためのチャンスは残ったと言える」
今回のサミットが失敗に終わったら「次の策」は存在しない。
もしグリーンランドの氷が解けたら…。
各国首脳は続々とパリ入りし、テロの発生現場で献花した。
気候変動を防ぐということは将来起きうる破滅的な自然の変化を防ぎ、平和をまもるということです。
地球温暖化に速やかに対応しないと、世界の貧困層は2030年までに1億人増加する可能性があるとの報告書を世界銀行がまとめ、日本時間9日公表した。
9月になり今年の夏を振り返ってみると、「猛暑」で「冷夏」という何とも奇妙な夏だった。今年は、5月までに多くの台風が発生し、梅雨前線が長く停滞して、豪雨や冷夏が心配されていた。
国連だけが温暖化問題を解決する場ではない。多様な場で、温暖化問題に取り組むことが、人類への真の貢献に繋がる。
日本の強みである低炭素技術の世界レベルの普及、人類未踏の革新的技術開発を実現することで、温暖化問題の抜本的解決に貢献せよ。
温暖化は個人、企業の日常の経済活動が地球全体の環境に悪影響を及ぼす最大規模の「外部不経済」である。
本年12 月に行われる第21 回気候変動枠組条約締約国会合(COP21)では、京都議定書の次の国際的な気候変動対策の枠組が合意されるとの期待が高まっている。
過大な軍事力によって深刻な問題に直面するアメリカを日本の安全保障戦略のモデルにしようとするのではなく、むしろ、すべての専門家が合意する安全保障上の脅威に焦点をあてて、より建設的な方向へと行動すべきだ。
種子や茎のバイオマスおよびデンプン含量は増加していながら、メタン放出量や根圏のメタン生成菌レベルは低下しているという、新たなイネ品種が開発された。
世界的に「脱石炭」へ向けた動きを見せ始める一方で、いまだに石炭事業に多額の資金を投じ続ける国もあり、その最大の支援国が日本なのです
原発の再稼働やエネルギー・ミックスでの位置付けが決まらないから再エネにも力が入らない。この停滞は早く解消するべきだ。
エネルギー問題は人類最大の難問でありつづける。一方、現在の気象災害や予想される影響規模を考えると温暖化問題も人類にとって非常に深刻な問題である。