ondanka

国連だけが温暖化問題を解決する場ではない。多様な場で、温暖化問題に取り組むことが、人類への真の貢献に繋がる。
日本の強みである低炭素技術の世界レベルの普及、人類未踏の革新的技術開発を実現することで、温暖化問題の抜本的解決に貢献せよ。
温暖化は個人、企業の日常の経済活動が地球全体の環境に悪影響を及ぼす最大規模の「外部不経済」である。
本年12 月に行われる第21 回気候変動枠組条約締約国会合(COP21)では、京都議定書の次の国際的な気候変動対策の枠組が合意されるとの期待が高まっている。
過大な軍事力によって深刻な問題に直面するアメリカを日本の安全保障戦略のモデルにしようとするのではなく、むしろ、すべての専門家が合意する安全保障上の脅威に焦点をあてて、より建設的な方向へと行動すべきだ。
種子や茎のバイオマスおよびデンプン含量は増加していながら、メタン放出量や根圏のメタン生成菌レベルは低下しているという、新たなイネ品種が開発された。
世界的に「脱石炭」へ向けた動きを見せ始める一方で、いまだに石炭事業に多額の資金を投じ続ける国もあり、その最大の支援国が日本なのです
原発の再稼働やエネルギー・ミックスでの位置付けが決まらないから再エネにも力が入らない。この停滞は早く解消するべきだ。
エネルギー問題は人類最大の難問でありつづける。一方、現在の気象災害や予想される影響規模を考えると温暖化問題も人類にとって非常に深刻な問題である。
北極の温暖化は、人間の活動から発生した温室効果ガスの影響でますます悪化している。 そして、温暖化はホッキョクグマにとっても最大の脅威となっている。
「企業の温暖化対策ランキング」の第二弾を発表。自動車業界を中心とした輸送用機器を取り扱う企業のランキングを公開しました。
2014年12月1日から、南米ペルーの首都リマにおいて開催されていたCOP20・COP/MOP10(国連気候変動枠組条約締約国会議第20回会合・京都議定書締約国会議第10回会合)が、会期を延長した14日未明、終了しました。
2014年12月1~12日、南米ペルーの首都リマにおいて、COP20・COP/MOP10(国連気候変動枠組条約締約国会議第20回会合・京都議定書締約国会議第10回会合)が開催されます。
北極域の永久凍土の気温上昇と衰退が地球温暖化との関連で注目されている。その原因として、積雪の影響が気温よりも大きいことを、海洋研究開発機構地球環境観測研究開発センターの朴昊澤主任研究員らが観測データの解析と数値モデルで示した。
世界風力エネルギー会議(GWEC)は、2030年までに世界の風力発電設備容量が現在の5倍強に相当する2000ギガワット(GW)に達し、電源構成の19%を占める可能性があるとの見通しを示した。
国連本部で、国連気候サミットが開催されました。同サミットは、通常、毎年開催されている国連気候変動枠組条約の締約国会議(COP)とは異なり、潘基文国連事務総長が、各国の首脳によびかけて、特別に開催したサミットでした。
急激な人口増加や工業の発展により、世界はいま水不足問題に直面しています。地球水資源の約98%を占める海水の淡水化技術や、水を循環利用するシステムの実用化に取り組んでいます。
PRESENTED BY FUJITSU JOURNAL
70年ぶりに国内感染が確認されたデング熱の感染者数が8月以降、続々と増えている。