onishihideo

ほかにも言動が物議を醸した議員が数人おり、今後の政権運営の「火だね」となる可能性がある
自民党の大西英男・衆院議員が、今度は元総合格闘家の須藤元気氏から、推薦文を書いたことがないのに大西氏のサイトに推薦人として掲載されていると抗議を受けた。
受動喫煙防止対策をめぐり、自民党厚労部会で、がん患者の立場を考慮した対策を求めた三原じゅん子参院議員に対し、「(がん患者は)働かなくていいんだよっ」とのヤジが飛び、波紋が広がっている。
「巫女さんのくせになんだ」と発言して「女性蔑視」と批判を受けていた自民党の大西英男・衆院議員(東京16区)は3月25日、謝罪コメントを発表した。
自民党の大西英男・衆院議員が、女性蔑視とも受け取られかねない発言をした。
さて、自民党の百田氏を招いての勉強会から1週間後の7月5日。ついに歯に絹着せぬトークが売りのサンデージャポンが「政治による報道への圧力」問題を取り扱った。
自民党の大西英男衆院議員が、安全保障関連法案に批判的な報道について「懲らしめる」と発言したと報じられています。
自民党の大西英男衆院議員は6月30日、安保関連法案に批判的な報道機関について、「懲らしめなければいけないんじゃないか」と語った。
日本維新の会の上西小百合衆院議員(31)=比例近畿=が4月の衆院総務委員会で質問中に「子供を産まないとダメだぞ」とセクハラやじを受けた問題で、上西氏は7月4日、やじを飛ばしたのは自民党の大西英男衆院議員(67)=東京16区=だったことを明らかにした。