onrain-jugyo

一斉休校は「家庭も、学校も、教員も、誰もサボっていないのにうまくいかなかった」。
ICT教育の“発展途上国”、日本。戦後70年以上変わらなかった教育現場が、コロナ禍によるテクノロジーの導入で混乱を極めている。
希望する授業の形態は「全面Web」「Webと対面の併用」が拮抗。一方で、Web授業に拒否感を感じる学生も。
新型コロナウイルスによる一時的な措置。渡米した学生たちが、厳しい選択を迫られる可能性があります
コロナの感染不安を理由に、ライブ配信による授業参加を認める自治体が出てきている。一方で、不登校の児童生徒は対象外としているケースもあり、保護者から疑問の声が上がる。
感染が不安な保護者らの訴えを受けて、登校かオンラインかを選べるようにした大阪府寝屋川市。同様の取り組みは福岡市などにも広がっている。
学校が再開されても、すぐに「日常」が戻ってくるわけではない。コロナが可視化した教育の課題をなかったことにして「日常」に戻ったふりをするのか、一歩を踏み出すのか。今が、分水嶺なのかもしれない。
休校中に「学校は丸投げしている」という不満の声も多くあったが、その一方で、「自分が学校に教育を丸投げしていたと気づいた」という声もあった。
「もう再開しなくていいと思います。別に塾があるから、ろくでもない公立授業に全く期待しない」(アンケートより) 5月26日のハフライブではこの問題を取り上げます。
「目指すべきゴールは、子どもたちの学びを止めないこと。先行事例を可視化することで、切磋琢磨しながら前に進んでいきたい」。23区のオンライン学習の状況をまとめた森田亜矢子さんは語ります。
「この2カ月、学校が何に困ったか。一番は、日常的にコンタクトを取る手段がない、関係づくりができない、ということでした」
文科省の調査によると、全ての自治体で教科書や紙の教材を活用している一方、デジタル教材や独自に作成した授業動画などを活用する自治体は全て3割以下だった。
7区でオンライン授業「予定なし」 オンライン授業を導入する予定が「ない」と回答したのは7区。 中央区、新宿区、台東区、墨田区、目黒区、大田区、渋谷区 導入しない理由(複数回答)で多かったのは、▽端末の用意ができない(5区)▽家庭環境に差があ
緊急事態に大学はどう対応したか。オランダのライデン大学に在籍する大学生、佐藤翠さんによるレポートです。
オンライン授業への移行が進む、アメリカの大学での授業の様子を語ってくれた。
「これは非常に大切なことです」と中学生の子を持つお母さんが教えてくれたこととは。
この変更によって「Zoombombing」(ズームボミング、Zoom爆撃)を未然に防げる可能性がある。ビデオ会議に対する悪質な攻撃の蔓延を防止する。