oranda

「この仕事の良いところは、いつでもキャプテンやクルーとして、乗客全員に心から歓迎の意を伝えられることです」
オランダで感心することがある。民主主義の徹底とその透明性だ。
他者に対する「寛容」はまさに国際議論の大きなテーマになってきているのではないか。
あっという間にネット上で広まった。
パンダフィーバーが、間もなくオランダでも始まろうとしている。4月12日、中国からやって来た2頭のパンダが、ユトレヒトのアウエハンツ動物園に到着した。
異なる価値観を持つ移民を何世紀にもわたって受け入れてきたオランダ。ステレオタイプ的かもしれないが、この「寛容の国」で、一体何が起きているのだろうか。
ウィルダース氏「ルッテはまだ私を排除できない」と挑発した。
ウィルダース氏がオランダ政治に及ぼしている影響の大きさは注目に値する。
トルコがオランダ大使の入国を認めない報復措置を取り、対立が激化しています。
ワールドベースボールクラシックで野球が全く盛んじゃないオランダが、完全アウェーの東京ドームで日本代表相手に延長戦まで持ち込む接戦を繰り広げた意味は大きい。