oranda

車感覚で自転車が使用されているオランダ。オランダ人にとって自転車は欠かせない存在で、その使用方法も私たちの想像をはるかに超えています。
KLMオランダ航空は、遺失物を持ち主の元に届けるサービスのために、ベストを着たかわいらしい犬を導入した。
やがて訪れる「人生の終わり」。この瞬間を、私たち誰もが避けることはできません。愛する家族や仲間に、いずれかのタイミングで、最後の別れを告げなければなりません。非常に感情的な瞬間です。死にいく人の恐怖感や孤独感、残される家族や仲間の悲しみやストレスの大きさは計り知れません。その人生の終わりを決定するのは誰でしょうか? 自分で決めるべきなのでしょうか? それとも、家族、医師、あるいは政治家や法律家が決めるべきなのでしょうか?
「子どもがいたら旅に出るのは無理」と思う方は多いかと思います。しかし、それは大間違いです。一人旅や友達との旅などとは当然違いますが、決して無理ではありません。海外にせよ国内にせよ、旅は子どもにとっては刺激の源、親にとっては日常生活からの開放感を味わえる機会です。そして、家族で旅に出るのは家族の絆を強めるきっかけにもなると思いませんか?
FIFAワールドカップ・ブラジル大会、準決勝の2試合目が7月10日に行われ、アルゼンチンがPK戦でオランダを下し、決勝進出を決めた。
大会前、「優勝はブラジル、アルゼンチン、ドイツのどこかかな」と思っていたが、その3カ国が全てベスト4に勝ち残った。きわめて順当な結果と言っていい。「それ以外があるとすれば、スペインくらい」と思っていたのだが、スペインは早々とグループリーグで敗退してしまったのだから、僕の予言はたいして当たるものではないのだが……。残る1つは、そのスペインを初戦で粉砕したオランダになりそうである(この原稿は、アルゼンチンがベルギーを下した直後に書いている)。
サッカーワールドカップ・ブラジル大会第21日目の7月5日(日本時間5日)、準々決勝でオランダとコスタリカが対戦した。両チームとも無得点のまま延長でも決着がつかず、PK戦でオランダがコスタリカを4−3で破り、準優勝した前回大会に続く4強入りを決めた。
ルイス・ファン・ハールとロビン・ファン・ペルシの親子のようなハイタッチの瞬間からミロスラフ・クローゼの前方宙返りまで、現時点での歓喜の瞬間ベスト10を見ていこう。
今年4月にに発表されたロンドンの調査会社スカイトラックスによる2014年度世界最高の空港ランキングの中から、「世界で最も充実したアメニティ施設を備えた空港」部門世界ベスト3の空港を徹底解明してみましょう。
6月24日、FIFAワールドカップブラジル大会は、グループリーグ最終戦を迎え、グループAのブラジルは、カメルーンをエース・ネイマールの2ゴールを含む4−1で下し、1位通過を決めた。また、グループBは2勝同士の首位争いでオランダとチリが直接対決。オランダが2−0でチリを下して首位通過となった。