orandodaitoryo

マクロン新大統領は、モロッコ、アルジェリアのどちらを先に訪れるだろう。
「完全にテロリストの犯行だ」
オランドが失速した理由、それはさまざまな公約を果たせなかったことだ。
三菱重工業がフランス政府の求めに応じ、破綻に瀕している仏原子力大手「アレバ」への出資要請に応じることになった。
オランド大統領は、「これは戦争行為だ」と断定した。
オランド大統領は「フランスは恐怖に対して、自衛し、力を動員し、テロリストたちを説き伏せることができる国だ」と断固とした決意を語った。
重要なことは、アサドが勝利に興味を示していないことだ。現在自らISに対する、市民にとっての最後の砦となっている男は、それが取り除かれることを最も望まない人間でもあるのだ。
プーチン大統領は、シリア問題解決の中心人物になろうとしている。
フランスのマニュエル・バルス首相が6月6日、ドイツの首都ベルリンで行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦のバルセロナ(イタリア)―ユベントス戦を観戦するため政府専用機を使い、2人の子供を連れていたと、首相側近が9日語った。
政治家というのはハードな仕事だが、メルケル首相が今年2月に展開した精力的な首脳外交には、度肝を抜かれた。メルケル氏は、停戦実現のために、2月5日にフランスのオランド大統領とともに、キエフに飛びポロシェンコ大統領と会談。