oraoradehitoriigumo

故郷の言葉に魂を込める桑島さん。そこには、最愛の父との別れがあった。