oriba-tsuisuto

救貧院に孤児として預けられたオリバー。そこでは食事も満足に与えられず、餓死するほどのひもじさで、仲間たちがもっと食事を増やしてもらおうと相談します。
朝ごはんの時間になると、この猫は、飼い主の関心を惹くためにとてもかわいらしい仕草をする。19世紀の救貧院で暮らしていた孤児の物語で、主人公のオリバー・ツイストが、「どうか旦那さま、もう少しお恵みください」と言うときのシーンを思い出す仕草だ。