orinpikku-sunobodo

「シンプルにスノーボードにどっぷり漬かって、そのまんま消えて行きたい――」。かつて、「腰パン」騒動で批判され、今、メダリストを支えるスノーボーダー・國母和宏さんの言葉。
2月12日未明、ソチオリンピック・男子スノーボードハーフパイプ決勝が行われ、平野歩夢が2位、平岡卓が3位に入り、今大会、初の日本勢のメダル獲得となった。
過去スノーボードで2回金メダルを獲得しているショーン・ホワイト選手は、今回のスロープスタイル競技には出場しないことになった。リスクのある危険なコースで、怪我をするリスクを負う必要はないからだ。