osakatokoso-hashishitate

「大阪都構想」が否決され、任期を全うして政界引退すると表明した大阪市の橋下徹市長の法律事務所などに、市民から「辞めないで」と引退撤回を求める電話が殺到している。
大阪都構想が、わずかの差で否決が確実となりました。最後の最後は勝つと心のどこかで信じていただけに、今の心情がうまく言葉で表せません。。
地域政党「大阪維新の会」代表を務める橋下徹・大阪市長が推進しているこの構想、大阪の行政機構だけでなく、日本の政局にも大きな影響を及ぼすかもしれない。
大阪市を解体、再編する「大阪都構想」について、大阪府と大阪市の法定協議会は1月13日、制度設計にあたる協定書をまとめ、案を決定した。
「大阪都構想」をめぐって橋下徹氏が市長を辞任したことに伴う出直し大阪市長選が3月23日に投開票され、橋下氏が再選した。
橋下徹・前大阪市長の辞職に伴う出直し市長選は3月9日、告示され、橋下氏ら4人が立候補を届け出た。主要各会派が対立候補を立てない異例の展開となった。
大阪維新の会は9月29日、朝日新聞が「大阪都構想」に関する紙面広告の掲載を見合わせたことについて、直接掲載見合わせの説明がなかったことなどを理由に、取材を拒否すると通達した。どのような背景があったのか。
橋下徹大阪市長が日本維新の会の結党を宣言してから9月12日で1年が過ぎた。橋下氏の人気を背景に2012年12月の衆院選では第3党に躍り出たが、橋下氏の従軍慰安婦発言をめぐる問題もあり支持率は低下、参院選では苦戦し、結党当初の勢いは見られない。橋下氏が進める「大阪都構想」が争点となる堺市長選(9月15日告示、29日投開票)は、維新の会にとって正念場。「今回が本当の大戦」と言う...