oshuchuoginko

国際通貨基金(IMF)によれば、ドイツ銀行は国際金融システムに及ぼす影響が最も大きい。
日銀は今年1月、マイナス金利政策の導入を決め、欧州中央銀行(ECB)は3月の政策理事会で予想を超える包括的な緩和を決定した。
ECBやドイツ連銀の専門家や民間金融機関のエコノミストらとの金融緩和策の効果と副作用、金融システムの安定性についての議論から受けた印象を紹介する。
日本経済新聞社による英『フィナンシャル・タイムズ(FT)』の買収は、日本のメディア界に衝撃を与えた。
ギリシャ国内の銀行が7月20日、3週間ぶりに営業を再開した。
ギリシャのチプラス首相はギリシャのテレビ局「EPT」の番組に出演し、6月30日に迫ったIMF(国際通貨基金)への返済について「実現可能な合意ができない限り、返済はできない」と述べ、16億ユーロ(約2000億円)の債務は返済できないと初めて明言した。
デフォルト(債務不履行)の危機が迫るギリシャで、EUからの金融支援が6月末で打ち切られて経済破綻の恐れが強まる中、アレクシス・チプラス首相は6月28日、ギリシャ国内の銀行と株式市場を29日休業すると発表した。
ドイツ・フランクフルトにある欧州中央銀行(ECB)本部で4月15日に開かれたドラギ総裁の記者会見で、女性が机に飛び乗って「ECBの独裁を終わらせろ」と叫んで暴れ、会見が一時中断する騒ぎがあった。
2月19日、欧州中央銀行(ECB)の政策理事会の議事要旨が公開された。
2016年9月までを想定した1兆ユーロ超の買い入れを打ち出した量的緩和に対するドイツの論調は激越だ。