oshuchuoginko

2016年9月までを想定した1兆ユーロ超の買い入れを打ち出した量的緩和に対するドイツの論調は激越だ。
この週末はドイツのメルケル首相にとって踏んだり蹴ったりでした。
今夜(1月22日)、欧州中央銀行(ECB)政策金利会合の結果を受けて、たぶん量的緩和政策が発表されると思います。
ギリシャのカロロス・パプーリアス大統領は、同国の財政危機に金融引き締め策を要求している国際通貨基金(IMF)や欧州委員会、欧州中央銀行などいわゆる「トロイカ」と呼ばれる関連機関を痛烈に批判した。
アメリカの通信社「ブルームバーグ」は、欧州委員会、欧州中央銀行、国際通貨基金(IMF)のいわゆる「トロイカ」と呼ばれる3つの機関がギリシャの財政状況にとって逆効果になりかねない不合理な政策を要求していると批判した。