otopairotto

モデルSを"可能な限り"手を使わずに運転し、カリフォルニアからニューヨークまで2,700マイル(約4,345 km)の道のりを57時間48分で走破した。
テスラのイーロン・マスクCEOは、クルマ同士が集めた情報を交換し合い学習することで、将来的にはより良いシステムになるようにしたいと考えている。
Googleは自動走行車プロジェクトの情報をアップデートし、最新のプロトタイプがすでにマウンテンビューの路上を走っている ことを明らかにした。