otosudake-funbetsugomibako

開発のきっかけは、おじいさんが苦労して空き缶を仕分けていたことでした。