ounagaokokorozashi

その怒声は、彼の後ろにいる私たちにも向けられている。
翁長雄志前知事についてこう述べた。「命を削って全うしようとしたことが多くの県民の気持ちに宿った。それが私を後押ししてくれた」
「これからも多くの人に愛される沖縄であることを願っております」
意識混濁状態になっていました。
意思決定が難しい状況になり、職務代理を置くことを決定したという。辞任については否定した。
「体力の回復がまだではあるが、ここ数日ぐんと元気になってきたので、公務をしっかりこなしていくのが今の私の眼目だ」
基地問題を巡り、沖縄の対立は一歩深まったように見えます。
多くの名護市民は心を決めているようでした。