ozawaichiro

生活の党の小沢一郎代表は10日の記者会見で、生活が支援した細川護熙氏が都知事選で敗れたことについて「本当は負けてない。万全を期して戦いに臨めば勝てた」と述べた。
生活の党の小沢一郎代表が、民主党の党大会に出席する意向を示していることがわかった。都知事選と野党再編を視野に入れた動きとみられる。
民主党の菅直人元首相は12月12日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で記者会見し、「脱ゼロ」を主張する小泉純一郎元首相との連携について「それぞれの立場でやる方が効果的。政治的に手を組むと『敵に寝返った』『すり寄った』と言われ、影響力が小さくなる」と否定的な見方を示した。一方で、小泉氏の発言や活動に期待感を示し...
小泉純一郎元首相の「脱原発」発言が波紋を広げる中、息子の小泉進次郎内閣府・復興政務官は10月7日、原発問題に関して「国民の間で釈然としない気持ち、なし崩しに(原発依存に)行っていいのかという声が脈々とある気がする」と話し、純一郎元首相に理解を示した。名古屋市の講演で、小泉元首相の「脱原発」発言について質問され、答えた。朝日新聞デジタルなどが報じた。進次郎氏はまた「自民は原発推進政党ではない...
小泉純一郎元首相の「脱原発」発言に、小泉政権では仇敵だった小沢一郎氏が賛意を示している。現在、「生活の党」を率いる小沢一郎代表は、10月2日の会見で小泉発言について東京新聞の記者の質問に答えて、「冷静に日本を考える人であれば、たいてい行き着く結論だろう」と評価した。
生活の党の小沢一郎代表は9月21日、テレビ東京の番組に出演した際に「もう一度、自民党に対抗できる政権の受け皿をつくって国民の支持を得ないといけない。私の最後の仕事にしたい」と述べた。MSN産経ニュースが伝えている。
選挙前になると盛んに報道される「争点」。ともすれば、テレビや新聞各社の「世論調査」で浮かび上がる有権者の関心とは必ずしも重ならないことがあるが、こうしたズレはなぜ生じるのか。また、私たちは「世論調査」をどう活用できるのか。政治学者、東京大学先端科学技術研究センターの菅原琢准教授に聞いた。
7月4日公示、28日に投開票の参院選挙を控え、各政党の党首による「ネット党首討論会」が28日夜、東京・六本木の「ニコファーレ」で開かれる。討論会の模様は19時半から「ニコニコ生放送」で生中継される...
生活の党の小沢一郎代表が、民主党と参院選後に連携を拡充する方針で一致したと明らかにしたと報じられている…