ozumo

親方の再雇用を決めた背景として、外国人力士の増加で、「指導者不足」を懸念したと考えられる。
プロ野球は、"「やめる」より「やめさせられる」選手が多い"という厳しい世界で、他球団で現役を続行できるのは、"ほんのひと握り"である。
プロ野球に対する関心の高さを表すとともに、"声を大にして書いた人が非常に少ない"という事実に愕然(がくぜん)とした。野球記者やライターの多くは、この制度に賛成なのか。それとも触れること自体がタブーなのか。
今、大相撲の人気が再燃している。幕内では、若手力士の台頭に加え、中堅白鵬の充実、ベテラン旭天鵬の奮闘など、若貴ブーム以上に見どころがある。今回は大相撲ファン必見の列車を御紹介しよう。
「相も変わらず」なのは、大関陣である。ここ数年、序盤で下位力士に星を落とし、終盤は大関同士が星のつぶしあいにより、第68代横綱朝青龍ならびに、第69代横綱白鵬の独走を許した。
大相撲元小結でタレントの龍虎さんが8月29日、循環器疾患のため静岡県掛川市の病院で死去した。
異例のスピード出世で人気の大相撲幕内力士、遠藤。その人気から、9月に両国国技館で開催される本場所で、「顔ハメパネル」が設置されることになった。場所開催に先駆けて、真っ先に顔を入れて撮影したのはなんと……
大相撲の元小結「双津竜」、引退後は時津風親方として後進を指導した山本順一さんが死去した。64歳だった。
私はハフポストのブロガーであり、Yahoo!ニュース個人のオーサーでもある。先週、後者があちこちのサイトで「ニュース」として報道され、正直胸が痛い。
2014年大相撲夏場所は、第69代横綱白鵬が29回目の優勝を決め、ついに大台(史上2人しか記録していない優勝30回)に王手をかけた。私は両国国技館で開催された横綱審議委員会稽古総見に行き、白鵬と十両逸ノ城(いちのじょう)の抜きんでた強さを見て、この場所の優勝を確信した。