pakukune

私は朴前大統領と同じ区内に住んでいるため、昨夜の出来事は人ごとではなかった。
韓国の国会で弾劾訴追された朴槿恵大統領が、職務停止後初めて、インタビューに応じた。
文化界では「公的支援を打ち切るよう言われた」「テレビ出演を断られた」といった証言が出ていた。
朴槿恵政権は、政府に批判的な文化・芸術人の「ブラックリスト」を作成し、さまざまなかたちの検閲と統制を行ってきた。
なぜ「女性」大統領の時代に、このようなことが起きるのか。多くの人がこう問いつづけたが、そもそも問いの前提が間違っていたので、答えが出るわけもない。
代理人の弁護士は、「まだ大統領を取り調べる時ではなく、仮に聴取するとしても書面による聴取が望ましい」との意向を示した。
韓国の検察当局は、11月15~16日ごろ、朴槿恵大統領に直接、事情聴取することを明らかにした。
10月29日にあった前回の3万人を大幅に上回った。
再び謝罪に追い込まれた背景には、「崔順実ゲート」の捜査が本格化し、11月3日前後に急展開したことがあった。
1987年の民主化以降の歴代大統領で史上最低。