pararerukyaria

「パラレルキャリア」「二拠点居住」など、新しい働き方や生き方の提案はこれまでにも行われてきました。最近新たな感じている働き方の萌芽は、都市にいながら地方に関わるというもの。
企業に勤めながら、週末などにプロボノ(スキルやノウハウを活かしたボランティア)の活動をする「パラレルキャリア」を続けるのではなく、なぜ振り切ってNPOに専従となったのか。
なぜ環境ビジネス支援に特化しようと思ったのか、また、そこから見えてきた行政書士の社会貢献的な働き方とは何か。「行政書士業はクリエイティブである」という石下さんの仕事観をお聞きしてきました。
新しい働き方についてインタビューしている本企画。今回お話をお聞きしたのは、セプテーニベンチャーズの社会貢献プラットフォーム「gooddo(グッドゥ)」の事業に携わる中村奈津さんです。
ドラッカーが提唱した「パラレルキャリア」をご存知だろうか。現職以外に仕事をしたり、非営利活動に携わったりする生き方だ。民放キー局のIT戦略を担いつつ、この生き方を実践する柳内啓司さん。「働き方」と「生き方」の距離が近づいている昨今、個人と組織に向けた「パラレルキャリア」のススメとは?
PRESENTED BY エン・ジャパン