paresuchinajichiku

ガザ地区の武装組織もロケット弾攻撃を続けている
世界は難民で溢れている。情勢によって、メディアに取り上げられる難民は変わっていく。そして、世間から忘れさられる難民がいる。
皇帝さながらの振る舞いでしられるエルドアン大統領。1月12日にパレスチナ自治政府のアッバース大統領との会談が行なわれた際、両大統領の周りに、トルコ地域に存在した16の帝国の正装を身にまとった戦士が、ずらりと並んだ。
以下の驚くべき連続写真は、合意の直前である8月24日に、ガザ地区で撮影されたものだ。イスラエルの戦闘機が、同地区内の標的を爆撃した瞬間を捉えている。
アメリカと、大日本帝国と、ナチス・ドイツと・・・に、"均等に"「それぞれの正義・大義があった」ことが当然な世界になるべきだし、今、世界はその方向に動き出しているのです。
パレスチナ自治区ガザに侵攻しているイスラエル軍は3日、地上部隊の大部分をガザから撤退させた。イスラエルメディアが相次いで報じた。だが、ハマスが要求するガザの境界封鎖の全面解除が実現する可能性は低く、全面的な停戦につながるかははっきりしない。
パレスチナ自治区ガザで3日、国連が運営する学校がイスラエル軍の空爆を受け、10人が死亡し約30人が負傷した。パレスチナ当局者が明らかにした。 国連の潘基文事務総長は3日、この攻撃は「犯罪行為だ」と強く非難。国際人道法に違反した者が責任を負う必要がある、と述べた。
テルアビブ市内のイスラエル人活動家たちが、ガザ地区に暮らす多数の子供が犠牲になったことを祝う様子が撮影された。
パレスチナ暫定自治区のガザ地区で生活しているというある10代の少女が、自分の街がイスラエル軍によって爆撃される様子を実況ツイートしている。
イスラエル軍は30日午前、パレスチナ自治区ガザ北部の住宅や学校を攻撃、少なくとも43人が死亡、国連が運営する学校の関係者20人など、多数が負傷した ガザの保健省が明らかにした。死者には医療関係者や幼児も含まれているという。