parijugeki

テロ事件とその後広がった議論の中で、大きな疑問として呈されたのが言論・表現の自由はどこまで通用するのか、という問いであった。
今後ドイツと欧州にとっては、イスラム過激派、そして移民問題への対応が極めて重要な課題となるだろう。
フランスにはイスラム教コミュニティは存在しない。イスラム教徒がいるだけだ。この単純な事実を認めるだけで、現在進行中の、そしてこの先起こるであろうヒステリーに対する有効な防護手段となるだろう。
9.11の後に起きたこと。それは、人々の分断だった。再び、世界は分断されてはならない。希望はある。
「シャルリー・エブド」最新号の値段は、イギリスのオンライン・オークションで10万ポンド(約1800万円)を超えた。同紙は、発売から数時間で、初日販売分の70万部を完売し、計500万部まで増刷することを決定した。
イスラエルで発行されている超正統派ユダヤ系の新聞「HaMevaser」は、世界中の政治家が参加したパリの反テロデモ行進の写真から、メルケル首相など女性政治家を編集で削除したと報じている。
「涙のムハンマド」は載せるべきか否か――。仏週刊新聞「シャルリー・エブド」が14日、銃撃事件後初めて発売した特別号。その風刺画の掲載をめぐって、日本の新聞では判断が分かれた。各紙に取材した。
フランス司法当局は1月14日、お笑い芸人デュドネさんの投稿が、「テロ行為の礼賛になりかねない」として身柄を拘束した。
14日に発行される週刊新聞「シャルリー・エブド」最新号の表紙を描いた風刺漫画家レナルド・ルジエさんが、パリ市内で記者会見を開いた。
欧州社会の「表現や言論の自由」をめぐり、「イスラム教過激派(原理主義者?)が何らかの抗議をする・時に暴力行為となる」事件に、ここ10年ほど目を奪われてきた。