pisumatakichi

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(36)の長編小説第2作『劇場』が、3月7日発売の文芸誌『新潮』4月号(新潮社)で連載開始となることが、明らかになった。
ニューヨークを拠点に活動することを発表した際に、先輩のダウンタウンからかけられた言葉を号泣しながら明かした。
月1回のペースで、驚きの「職場」、一流の「職人」、最高の「技術」など「働く現場」を自ら取材して伝えていく。
芥川賞受賞作の単行本発行部数が200万部を超えるのは初めて。
今月16日に『第153回 芥川賞』を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)が、受賞後に書き上げた新作原稿「芥川龍之介の手紙」が来月7日発売の『文學界』9月号(文藝春秋)に掲載されることが30日、わかった。
過去の主な受賞者には、どんな人がいるのだろう? ここで改めて振り返ってみよう。
第153回芥川賞を「火花」で受賞したお笑いコンビ、ピースの又吉直樹さんは7月16日に会見を開き、「本当すごいびっくりしたんですけど、とにかくうれしいです」と喜びを語った。
小説『火花』が『第153回芥川賞』に選出されたお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)が16日、都内で行った受賞会見には、お笑い芸人として初の快挙を成し遂げた又吉の第一声を取材しようと異例の数、約350人の報道関係者が詰めかけた。
第153回芥川賞に又吉直樹さんの「火花」と、羽田圭介(はだ・けいすけ)さんの「スクラップ・アンド・ビルド」が選ばれた。 第153回直木賞に選ばれたのは、東山彰良さんの「流」だった。東京・築地の料亭「新喜楽」での選考会があった7月16日に発表された。
お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんの小説「火花」が7月16日、第153回芥川賞に選ばれた。この「火花」のあらすじを紹介する。