planets

11月15日夜10時から「ハフトーク」生放送。宇野常寛さんが登場します。
健康に良いから煙草を吸ってください、と言う医者がいたら、みなさんはどう思われるでしょうか? あまりの非常識さに驚くのではないかと思います。ですが、ほんの最近までそうアドバイスするお医者さんは少なくなかったといいます。
ここからは、リクルートは一体どういう事業領域をどう攻めており、そこから私たちが何を学べるかを考えます。
浅羽通明のメディア/コミュニケーション論を読み解きます。「ゴーマニズム宣言」にも強く影響を与えた浅羽通明という気鋭の論客は、なぜゼロ年代に迷走に陥ったのか
リクルートが数十年をかけて積み重ねてきたバーティカル市場の「必勝パターン」がどんなものかを解説します。なぜ彼らは、これほど強いのか。
2020年の東京オリンピックに向けて、さまざまなプロジェクトが始動している。しかし、ビジョンなき国家プロジェクトからは、当然、その先の未来への青写真など思い描くことなどできない。
80-90年代に一世を風靡した「ダイヤルQ2」「伝言ダイヤル」を振り返りつつ、富田英典・吉見俊哉らによる「電話コミュニケーション」批評の可能性と限界を考えます。
匿名性は互いに鏡像の関係を抱く契機にもなるし、演劇的な自己呈示の契機にもなる。ただし、その選択にはコミュニケーション形式による規定が介在する。
筆者が提案したいのは、まず現代のウェブカルチャーの成り立ちを解き明かすような、新しいインターネット史の作り直しである。
多様性を加速する装置としての贈与と交換によって、たった4日間の日本での「アイス・バケツ・チャレンジ」において、私たちはいろんな視点、視座を創発しながら学ぶことができたのです。