plgakuen

エースの藤村哲平投手は入学をあきらめた少年たちが多い中でも、過去の試合に強く憧れ、PL学園を選んだという。
覚せい剤使用などの罪で起訴され、17日に保釈された清原和博被告に対し、かつてのチームメイトの桑田真澄さんが、更生に向けエールを送った。
春夏の甲子園大会で計7回の優勝を誇る高校野球屈指の名門、PL学園が2月17日、硬式野球部を夏の大会を最後に休部させる方針となった。
将来はドラフト会議をなくし、プロ入りを望む選手の多くが意中の球団、または誘われた球団に入り、よりのびのびプレーできる環境作りが大切ではないだろうか。
高校野球の甲子園大会で春夏計7度の優勝を誇るPL学園(大阪)が、2015年度は硬式野球部の新入部員の受け入れを行わないことが10月11日、分かった。