pm2-5

最近、国内では花粉やインフルエンザなど保健・衛生上の用途とは別に、「顔を隠す」ためにマスクをする人が増えているという。
高さ7メートルの巨大な空気清浄機。救世主になる?
PM2.5の濃度が安全基準の15倍を超えた。  
12日、福岡で黄砂が観測されました。
政府機関や大企業の実名も挙げながら中国の大気汚染問題を批判している内容で、中国の言論界は「快挙」の声で埋め尽くされた。
最近よく考えるのです。「遠い他の世界で起きているように見えることは、実は遠くないどころか、自分の生活と非常に関係のあることなのではないか」と。
27日付のチャイナ・デーリーによると、中国当局は、国内保険大手の中国人民保険集団(PICC)と中国平安保険グループに対して、大気汚染による健康被害をカバーする保険の販売を停止するよう伝えた。
今日は全国的に昨日よりも気温が上がります。関東から西の最高気温は20度くらいと、ポカポカ陽気。そのぶん、花粉の飛ぶ量が増えそうですので万全の対策を。また、関東から西ではPM2.5の濃度も高めの予想となっています。
中国で「空気の缶詰」が販売されることになりそうだ。どのような場所の空気だろうか。
北京で開かれていた全国人民代表大会(全人代)が3月13日に閉幕し、閉幕にあたり発表された政府活動報告の中で、中国の李克強首相は、「(環境)汚染問題に宣戦布告する」と述べ、強い姿勢で取り組む方針を明らかにした。一方で、経済成長率は昨年と同じ7.5%程度を目標とする方針も明らかにし、両立は困難ではないかという見方が強まっている。