pobatiinku

「気の毒な人々を何とかしなければ」という善意はその人自身にとっては心地いいものだ。それに無自覚になると、貧しい人には貧しくいてほしいと願うようになるだろう。